春天の本命は、キタサンブラック。菊花賞ではお世話になりましたし、好枠から先手を取ってマイペースで競馬をすすめ、菊花賞のような華麗な押し切りを。

で、対抗はどうしようかと悩んだのですが、阪神大賞典組は少しレベルが低いと感じてます。有馬記念勝ち馬のゴールドアクターは、大外枠が気になったので、3番手評価としました。

アルバートすでが、休み明け初戦の日経賞はゴールドアクターの後塵を喫しましたが、この枠ならある程度前につけてキタサンブラックを射程距離にいれて競馬ができるはず。2周目の3コーナーからキタサンブラックとともにロス無く内を回ってくれば、外を回る馬よりは有利なはず。

現時点では、サウンズオブアースとゴールドアクターは、1周目は後ろに下げて、向こう正面から徐々に進出するシナリオですが、序盤から前でガリガリになると、得体の知れない差し馬同士で決まって、近年の流れである荒れる春天になっちゃうかもしれませんが。まあ、それは、考えないでおきますかね。

◎キタサンブラック
○アルバート
▲ゴールドアクター
注サウンズオブアース
△フェイムゲーム
△シュヴァルグラン
△トーホウジャッカル
△タンタアレグリア

馬連、◎○2頭軸の3連複&3連単で勝負!