最強版 ロックの50年、究極の500枚
シンコーミュージック・エンタテイメント
2012-06-30

 
ストーンズ来日の時に色々出てる本を買ったときにみつけた本ですが、これが、なかなか面白い。発行されたのは2年前なのですが、1960年から2000年代まで10年ごとにロック史に残るアルバムを100枚ずつピックアップしてあります。

ロックは大好きではありますが、かなり偏っているのと好きなアーチストはめちゃめちゃ聞くけど興味が無いアーチストは殆ど聞いてなかったり、競馬業界修業時代は、新しいものは殆ど聞いてないとかブランクも色々あったり。

CDも一時期は1000枚以上持ってましたが、もう聞かないから売り飛ばしてしまえとか、引っ越しときに厳選して処分したりして今の手持ちは200枚ぐらいしかない状況。そんなときに前述の本に出会ったわけですが、パラパラと読んでると懐かしいなーと思ったり、あれ?これってそんなに流行ってたか?と思うアルバムもあったり。

そんな中から、ボチボチと久々に聞きたいなーと思ったアルバムをとりあげて、簡単にレビュー書いてみたりしようかなと。アルバムやアーチストのレビューは、検索すれば正しい情報やナイスなレビューは出てくる時代なので、好き勝手やってみますかね。

思い立ったが吉日で、TSUTAYAで借りてきたのは、Guns n'Roses でございます。
アルバム通しで10回ぐらい聞いてからなんか書こうかな…

Appetite for Destruction
Guns n' Roses
Geffen
1999-03-20

 

1987年発表だから、27年前のアルバムになるのか…